目  次
山本代表のメッセージ
第29回CHAMP例会 報告
会員スピーチ
各グループの活動報告
英語を共に学ぶ会 オーケストラと室内楽を楽しむ会
温泉同好会 海外視察の会
CHAMP関西支部例会報告 コーラスを楽しむ会
CHAMP投資クラブ 山登りを楽しむ会
CHAMP会員の声「幕山(まくやま)・南郷山ハイキングに参加して」 遠藤 斌さん
第30回CHAMP例会のお知らせ
CHAMP関西支部10月例会のお知らせ
編集後記



 山本代表のメッセージ
Dear CHAMP Members and Members to be:
暑中お見舞い申し上げます。

洞爺湖サミットは事故なく無事に終わりましたが、環境問題に注意が傾倒してしまい、“世界複合危機”にある経済情勢がすっかりなおざりにされたことは、大変不安です。ガソリン価格高騰が引き金となっている諸物価の値上がりは加速するのみのようです。けれども、厳しい現実と蒸し暑さの中、スポーツ選手の活躍と笑顔は本当に爽やかで元気を与えてくれますね。ウィンブルドン・テニス決勝で3度目の姉妹対戦を経て、初めて妹セリーナを破って優勝したヴィーナス・ウィリアムズの緊張が解けた笑顔がとても印象的でした。

チャンプ活動会では、山登り・温泉旅行・コーラス・俳句や水彩画スケッチなどの活動を通して、健康と楽しさ一杯のプログラムが進行中です。「英語を共に学ぶ会」は今年9月に第100回を記録します。まことに素晴らしい実績です。おめでとうございます。

前号でお伝えしましたように、2008年はチャンプ設立10周年です!

10周年記念イベントを、10月25日(土)湘南台チャンプハウス「らうらうじ湘南台」に隣接する新館マルチイベントホールで開催します。イベントテーマは、チャンプの設立主旨(経験と知識を分かち合い、自分と社会の向上に役立つ機会と場の創造)の広報と、地元の皆様との交流です。弦楽コンサート・子供ゲーム・チャンプと地元コーラス「ひばりの会」皆様との合同コーラスなどのプログラムを計画しています。屋外のポケットパークでは、朝10時から午後4時までフェアトレード(発展途上国特産物)と地元の皆様参加のバザーが開かれます。幼いお子様連れ参加者のために、マーミーブー・チャンプ保育室が無料で託児サービスを提供します。

★7月・8月にメモいただきたいお申込み期限:
1)   8月5日(火)19時「チャンプ&チャンプハウス納涼会」申込み期限→7/31/08(木)
2)   10周年記念イベントギャラリー展示申込書ファックス延長期限→8/05/08(火)
3)   2009年1月下旬エジプト旅行申込書ファックス延長期限→8/05/08(火)
(注:申込書がお手元にない場合は、ご希望事項を記入の上、チャンプ本部事務局まで
ファックス 0466-42-0024 或いはメールchamp@champuniversal.comお願いします。
事務局担当:増田美智子  電話番号:0466-42-0023

★水彩画を描いてみませんか? 9月から湘南台チャンプハウスで「水彩画教室」が開かれます。同封のご案内状をご参照下さい。

次回例会は、関東9/27/08(土)正午、関西10/02/08(木)6pmです(詳細本号Page9/10)。
皆様のご参加をお待ちしています。夏負けしないように頑張りましょう!

Best wishes,
CHAMP代表 山本儀子
Noriko Yamamoto
ページTOPへ

第29回CHAMP例会 報告
2008年6月7日(土)12:00〜15:00
第29回CHAMP例会は6月7日12:00から約20名の出席者を得て新橋亭新館で開催された。恒例により昼食の後、議事に入った。

●アメリカよもやま話 山本代表

@民主党大統領候補
大激戦を繰り広げた民主党の大統領候補の争いはようやく決着がついた。大きな票田を抱えるカリフォルニア、ニューヨークなどの州では優位だったヒラリーだが、小さい州でこつこつと代議員の票を固めたオバマが全米で数の上で優位を確保し長い選挙戦を制した。これから11月まで民主党の候補としてオバマが共和党のマッケイン候補との間で本選挙を闘うことになる。

その場合、問題になるのはオバマという人物に対する信頼度(Credibility)である。オバマが若い頃から通っていたシカゴの教会のライト牧師が、オバマを応援するために黒人と白人の対立を煽るような言葉を吐いた。当初、オバマはライト牧師をかばっていたが後から完全に縁を切る声明を発表した。

この出来事がオバマの信頼度に疑問を持たせる一つの理由となった。

マッケインは共和党のリベラル(進歩派)で、中道的な政策は信頼に足るとして支持する人も少なくない。マッケイン対オバマの選挙戦になると、ヒラリーが出ないなら、むしろマッケインに投票するという民主党支持者が白人労働者層に多い。民主党がオバマ候補で勝利を得るためには、圧倒的に支持率が高い若年層、黒人層の票をどこまで多く動員できるかにかかっている。

今回の民主党の候補者選びで痛感したのは、インターネットの力の強さである。私はずっとヒラリーを応援してきたが、選挙資金の献金を行うとすぐにこのようなお礼のEmailが届き(メールの実物を見せながら)、最後に「Contribute!」(献金しましょう!)という言葉が必ず入っているので、金額の如何を問わずその場で献金しよう、という気持ちにさせられる。

Aアメリカの景気の動向
アメリカの国内の景気を大きく左右する新築住宅の着工戸数が今年はついに100万戸を切り、95万戸に落ち込みそうである。さらに憂慮すべき傾向は、正常な住宅ローン(Prime Mortgage)を借り入れている人達の間にも債務不履行(Default)が増加しつつあること。その理由として住宅価格のバブル的上昇を当て込んで投機目的で購入した人が、価格下落(カリフォルニア州では全般的に20%減)のため投資のうまみがなくなり、ローン返済を放棄する人が出てきていることだ。景気回復には少なくとも2〜3年はかかるであろう、というのが住宅業界専門家の共通した見通しである。

金融危機に加えて、ご承知の通りの原油価格の急激な上昇がアメリカ人の生活に与えるネガティブな影響はとても大きい。これから夏を迎えて、通常なら休暇を取って長距離ドライブに向かう人達が、近場で休暇を過ごすようになり、飛行機を利用しようとすれば、旅客運賃は値上げされ、航空会社は荷物の有料化に踏み切っている。

B同性結婚
カリフォルニア州では、州法で同性間の結婚(Same Sex Marriage)が認められることになった。新聞やTVで、男同士、あるいは女同士で結婚の届出をするニュースが大きく報道された。宗教的な観点から同性間の結婚には強い反対運動が続いている。今年の秋の大統領選挙では、政治・経済問題に加えて、同性結婚をめぐる論争や、妊娠中絶(Abortion)賛否論、宗教などが投票を左右する大きな要因になると思われる。

ページTOPへ
 
●会員スピーチ 「テニスにまつわるエピソードあれこれ」  小林公子さん
安斉運営委員長の紹介の言葉:

小林さんは早稲田大学出身で、学生時代は私と同じくEnglish Speaking Society(略称ESS)に所属していた。テニスをテーマにした「遥かなりウインブルドン」、「フォレストヒルズを翔けた男」などの著書がある。早稲田大学庭球部100年史「この一球この100年」の編集にも携わった。

@最近またテニスに対して皆さんの感心が高まってきて喜んでいる。これは、錦織圭(ニシコリ)、伊達公子の両選手の活躍によるところが大きい。錦織は現在、世界ランキング99位。フレンチ・オープンでは予選落ちだったが、次はウインブルドンにエントリーしていて、活躍が期待されている。盛田正明氏(日本テニス協会会長で、元ソニー会長の故盛田昭夫の弟)がスポンサーとなってテニスの英才教育をアメリカで受けた。一方の伊達公子は26歳で引退したが、11年ぶりに37歳で現役にカムバックした。日本国内を中心に活動する予定と聞いている。

A日本が生んだ女子テニスプレーヤーの先達をめぐるエピソード
私が本を書くために取材した日本女子テニス黎明期(大正末期)のプレーヤーのうち、印象深かった方々についてお話をしたい。

(1)日本女子テニスの夜明け:財閥に育てられた田村富美子 梶川久子
大正12年、日本で初めての女子プレーヤーとして国際試合である極東オリンピックに出場した。三井財閥が彼女を後援し、三井家のコートで、デ杯選手をコーチとして練習するなど、恵まれた環境にあった。

(2)自由学園のテニスコート:練習相手は竹久夢二 羽仁説子
リベラルな教育方針で知られる自由学園の創立者羽仁もと子の長女。雑司が谷にある自由学園のコートで練習に励んだ。当時、美人画で有名な竹久夢二が練習の相手をしたという。彼女自身も後年、教育者として名を挙げた。

(3)本格的な硬式プレーヤーの誕生:兄の願望を実現 安宅登美子
今はなくなった大手商社、安宅産業オーナーの令嬢。兄英一が音楽の道で果たせなかった夢を追って、自身も音楽を志したが親の反対にあい、テニスに精進した。著名な作家、高見順は学生時代、彼女のファンであったと言われる。

(4)ミセスプレーヤー:個人レッスンはビバリーヒルズで 朝吹磯子
日露戦争時、陸軍参謀次長を勤め、スキーを日本に初めて導入した長岡外史の娘。三井財閥の重役だった朝吹常吉と結婚した。ビバリーヒルズで個人レッスンを受けるなど経済的に恵まれた、ただ一人のミセスプレーヤーだった。 夫の常吉とともに日本庭球協会の設立に尽力。フランス文学者の故朝吹登水子の母。

(5)初めての女子テニス海外遠征:往きは袴で帰りはドレス 藤本八重子
日本で初めてフィリピンへ海外遠征したプレーヤー。奈良県天理市の出身で、遠征に往く時は純日本風のいでたちで袴をはいて出かけたが、帰りは颯爽とドレス姿で帰国した。

(6)いとこ同士の“お姫さま”プレーヤー:立花文子(アヤコ)と溝口豊子
筑後柳川藩の立花家令嬢として生まれた立花文子と伯爵家令嬢として生まれた溝口豊子はいとこ同士のお姫さまプレーヤーとして有名。文子は柳川で最初に車を運転し、ファッションリーダーとなるなど話題を提供したため、柳川の観光名物「川下り」では必ずその名が出るという。

Bテニスミュージアムのこと
外国の有名テニス大会が行われる会場には、必ずテニスミュージアムが設置されているが、残念なことに日本にはまだこの種のミュージアムがない。将来、ミュージアムが出来たときのことを考え、集めた資料が散逸しないよう保管している。AIGオープンの際に展示する予定である。

 
ページTOPへ

各グループの活動報告(50音順)
●英語を共に学ぶ会
第96回 4月26日(土)10:00 〜 12:00
場所: 港区生涯学習センター 出席者:9名 レポーター:増田さん代理 高橋嗣雄

テーマ:英字新聞講読

@衆参ねじれ国会で、ガソリン税の暫定課税が3月末で期限切れになるので、この延長が衆議院では可決しているが、野党が多数を占める参議院での可決は困難を極め、選挙での国民の人気取りを強く意識した政争が展開され、期限切れ間際の虚々実々の与野党攻防記事でした。

Aガソリン税が実際に廃止され、これを復活させる与野党攻防と、日銀総裁人事が次々野党の反対で否決された政界の混乱記事を読みました。

B中学、高校生の間でインターネットの掲示板への書き込みが深刻な問題になっており、誹謗中傷、露骨な性的表現や嫌がらせ、脅迫などひどい状況になっており、文部科学省の調査では今年1〜3月でこれら非公式な不都合書き込みが38,260件見つかっており、一部小学生にまで拡大しているそうです。

C2009年5月21日から始まる裁判員制度の記事を取り上げました。

第97回 5月24日(土)10:00 〜 12:00
場所:港区生涯学習センター 出席者:8名 レポーター:(1)増田美智子さん(2)宮尾 賢さん

テーマ:(1)ハイフン「−」で合成された言葉―パートU

前回準備された資料が32ページ分の膨大なもので時間切れのため、その続きを、今回新たに1ページ資料追加し実施していただきました。

(2)NEWYORK TIMES 論説2点 (宮尾 賢さん)

@ブッシュ大統領の失策はイラク戦争以上にエネルギー確保に有効な手が打てなかったことと、在任中に新興国が急成長しアメリカの圧倒的優位が崩れ世界の力のバランスが変わってしまったという内容でした。

A石油価格急騰でアメリカ人の生活は厳しくなっており、ヨーロッパ、特にドイツと比較して公共交通機関のインフラ整備が遅れた過度の車社会であるアメリカの課題を指摘した記事でした。

第98回 6月28日(土)10:00 〜 12:00
場所:港区生涯学習センター 出席者:10名 レポーター:(1)高橋嗣雄  (2)宮尾 賢さん

テーマ:(1)地球温暖化とCO2 削減

洞爺湖のG8サミットの主要テーマと言われる地球環境問題を取り上げました。温室効果ガスは二酸化炭素(60%)とメタンガス(20%)で80%を占める。CO2削減策が中心課題となる。現状のまま無策に推移すると今世紀末には地球環境は危機的状況になることを見ました。

(2)ロバート・ケネディーの11人の子供の1人“ Kerry Kennedy” が投稿した父の思い出と父が座右の銘にしていたテニソンの詩(クリミヤ戦争時のイギリス軍の戦いを称えた詩)の一節を読み、明治時代にこの詩が翻訳されたものを宮尾さんが国会図書館で探し出したものを添付してくれました。

(高橋嗣雄記)

連絡先: 高橋嗣雄 自宅 03-3605-6937 mail: Taka-tsu@adachi.ne.jp
  中村 敏 自宅 04-7185-0138 mail: sanakam628@yahoo.co.jp
 
ページTOPへ
●オーケストラと室内楽を楽しむ会
最近、子供のためのコンサートを企画するオーケストラが増えてきていますが、その一例として、東京交響楽団のキッズプログラム「0才からのオーケストラ」について紹介させていただきます。たまたま同楽団の事務局から、2008年5月6日にミューザ川崎シンフォニーホールで開催された折のDVDを頂いたので、4歳半と2歳半の孫たちに見せたところ、結構お気に入りのようで、我が家に来ると「DVDをかけてくれ」とせがみます。

このコンサートは、東京交響楽団が主催し、川崎市が共催して昨年から開かれています。クラシックのコンサートは、普通就学児以上を対象として開かれていますが、この企画は未就学児が親と共にオーケストラの生演奏を楽しめるように工夫されています。小さい頃からオーケストラ音楽に気軽に親しみ、豊かな心を育むきっかけにしてもらおうということに狙いがあります。

5月6日の演奏会の曲目は、ハチャトリアンの「剣の舞」、カバレフスキーの「道化師のギャロップ」、オッフェンバックの「天国と地獄序曲」、アメリカ民謡の「森のくまさん」など明るく楽しい曲が選ばれています。指揮はヘルベルト・フォン・ホリヤン(実は堀俊輔氏)、オーケストラは東京交響楽団ですが、曲によってはライオン、バク、トラ、クマといった動物の仮面をかぶった楽団員がトランペットやホルン、トロンボーン、テューバ等をおどけて演奏し、子供たちを楽しませていました。最後にみんなで歌ったのが、映画「となりのトトロ」より「さんぽ」(作詞:中川李枝子、 作曲:久石 譲)でした。孫たちも大好きな歌です。

なお、東京交響楽団では、7月20日に特別演奏会として「すかいらーくグループファミリーコンサート」を東京芸術劇場で開催しますが、これは3歳から入場出来、私の孫も母親と聴きに行くのを楽しみにしています。

(安斉洋一)
ページTOPへ
 
●温泉同好会 鳴子温泉の旅
鳴子温泉駅の足湯で “
どの大根が一番美味しそうかな?"
7月7日から9日まで2泊3日の温泉三昧を佐藤三鈴さん、川崎正蔵さんの、企画で総勢10人、余すことなく楽しんできました。一泊目は四百年続く、これぞ温泉旅館!という床がぎしぎし音を立てそうな、また夜トイレに行くのが怖いという、鳴子温泉駅から徒歩5分の“ゆさや”。ここの温泉うなぎ湯はつかみ所がないほど、ぬるぬる、そしてすべすべになるお湯で皆大感激、東京から嫁いで30年になる女将の美貌はこの温泉にあり、東京へ帰ると肌がカサカサになってしまいそう、昨年は日本の名湯で金賞に輝いた温泉です。

二泊目は山ふところの“宿・みやま”この宿のおもてなしの心地よさ!山と田んぼも丸ごと私たちを迎えてくれ、まるで友人の別荘にお邪魔したような気分で夕食後、宿の主人から、宿の歴史、鳴子の活性化の思いを聞き、私たち皆がそこに参加して話は盛り上がり素晴らしい時間を過ごしました。その後トランプ遊びで真剣勝負、少年少女がキャーキャー、トランプの力ってすごいです!

こんなにゆったりした気分の旅ができた事、改めてCHAMPというつながりのすごさに感動しました。幹事のお二方に感謝。

(安達みゆき 記)
 
ページTOPへ
●海外視察の会
ブラジルのアマゾンと並んで、世界にはまだ最長のナイル河があります。そこは古代文明発祥の地と言われ、ギザにはピラミッドが並び、写真に映えるアブシンベル大神殿が鎮座しています。

今年の正月、NHKのBSでここの大放映をやりました。ハトシェプスト女王葬祭殿を美女俳人まどかさんが歩き、ナイトクルーズの船上で藤原真理さんはチェロまで弾いて下さいました。勿論、吉村作治先生も大サービスでした。

ところで無知な私は、エジプトの国名がTHE ARAB REPUBLIC OF EGYPTと言うのさえ知らないでいました。アラビア語でエジプトの国名は「ミスル」これは七世紀にアラブ国家として誕生直後にイスラム軍が征服地に設けた「軍都」(ミスル)に由来するという。宗教構成を見るとイスラム教(主にスンニ派)94%,コプト・キリスト教など6%。一説に約750万人のコプト人教徒はコプト民族としてユダヤ人と同じような扱いを受けるとも言う。ナセル、サダトはアラブで生粋のエジプト人だが、エジプト史の有名な登場人物は素直に「エジプト人」とは言い難い。ネス王、クス王、ツタンカーメン王、ラムセス二世といった古代エジプト人は現在のイスラム文明とは違うらしい。クレオパトラはギリシャ系のプトレマイオス朝の女王。サラディーンは現在のシリア出身のクルド人等々、難しいということがわかりました。

エジプト人は東西南北、あらゆる方向から異色の血が混じりあい、複雑な民族性を持っている。古来めまぐるしくイスラムの王朝や帝国が入れ代わり、18世紀末、フランスナポレオン軍によって彼らの近代は始まり、英国の軍事支配がその後に続いた。私達が見ることになる大規模な遺跡は、いつどのような権力者が、庶民が、建設したのだろう。エジプトへ行って、考えてみませんか?
(立石祥子)
ページTOPへ
●CHAMP 関西支部 例会報告
6月5日(木)、風光明媚なポートピアホテル29階の中国レストラン聚景園にて開催した。

例会はPM6:00〜PM9:00の予定であったが、各メンバーが盛り上がりを見せ、閉店時間の10時近くまで費やした。

山本代表と幾人かのメンバーは、さらに場所を変え延長戦に持ち込んでいた。

今回の例会には正会員9名と山本代表のゲスト2名(岡夫妻、神戸在中)の11名が参加した。
食事は飲み物付のコース料理であった。日頃、美味しい物を食して口の肥えているメンバーさんからも美味しかったと褒めて頂き、幹事として素直にほっとしている。食事の付加価値として、おそらく一千万ドルの神戸の夜景が美味しく舌鼓したのであろう。
今回の山本代表からのアメリカ四方山話は大統領選挙状況に始まり、ヒラリー・クリントン候補直々から来たメールメッセージ等の紹介があった。

又、湘南のCHAMPハウスで行う予定の様々なイベントについての説明もあった。
本題では各メンバーの近況報告を受け、それに対する様々な意見が交換された。特に熱く論議された事は、CHAMPとしての活動方針を明確に、且つ「実行可能な題材として何があるか?」である。

方向性はあるものの、結論までには至らなかった。しかしながら、メンバーは社会的実力を持った経験者の集まりであるからして、胸中に多義にわたる答えがある事を知っている。総括的には美味しい食事と、夜景にインクルードされた談義により和やかなうちに閉会された。

次回の幹事は稲上さん、我々の世代には懐かしい鯨料理との事、楽しみにしております。
(幹事:浅野静)

関西支部次回例会の日時は,10月 2日(木)午後6時からです。(巻末のお知らせ参照)

ページTOPへ
●コーラスを楽しむ会
当会では毎年のイベントとして「納涼の会」と「忘年会」に“みんなと一緒に歌おう”と言う形式でお茶を濁してきた感があったが、今年は“CHAMP設立10周年記念イベント”の中での演奏という大役を仰せつかってしまい、戸惑いながらも一同燃えて来ました。

更にCHAMPハウス地元湘南台の女性コーラスグループ「ひばりの会」との共演ということにもなり、今までより以上の練習強化が求められるようになってきました。今までの月1の練習では覚束ないとほぼ2倍に練習量を増やして挑みたいと張り切っている今日この頃です。

今まで兎角スリープしていたメンバーもこの暑さにもめげずに目覚めて参加が増え、新たなハーモニーが生まれるようになって来ました。

10月25日(土)15:45〜16:30 らうらうじ湘南台L棟マルチイベントホール
湘南台「ひばりの会」と「CHAMPコーラス部」共演のコーラスを是非お楽しみ下さい。演奏曲目はまだ最終決定ではありませんが、当部では「ふるさと」、「ウェルナーの野ばら」、「遙かな友に」、「千の風になって」などを目論み、「ひばりの会」との合同演奏では「赤とんぼ」、「もみじ」、「今日の日はさようなら」などを考えています。

これからの練習日は、
8/8(金),8/22(金),9/12(金),9/26(金),10/10(金),10/24(金),10/25(土)
10/25(土)は舞台上でゲネプロを予定(可能であれば10/24は中止

他は何れも新宿 元CHAMP本部(M&I研究所)で18:00〜20:00
今まで諸事情で来られなかったメンバーの方々、又この際是非参加したいという方是非練習からご参加下さい。そしてCHAMP会員の心意気を地元の方達にもご披露して下さい。

(古川 記)

連絡先: 古川春生 E-mail:furukawa-h1816@ab.auone-net.jp
Tel & FAX :03-3332-3789
上野田鶴子 E-mail:uyenot@jcom.home.ne.jp
Tel:03-3334-9858
Fax:03-3334-9858
中林 由行 E-mail:nakayokki@y9.dion.ne.jp
Tel:03-3490-0648 Fax:03-5436-6032
ページTOPへ
●CHAMP投資クラブ

CHAMP投資クラブの代表として、今年もいくつかの企業の総会に出席する機会がありました。ある企業の株に投資する場合、過去の業績、今後の見通し、最近の株価の動向などを検討して判断をすることが多いのですが、それ以外に、株主総会で得られた情報、経営責任者の印象なども有力な判断材料になります。

今年6月に出席した総会の中で、強い印象をうけた経営者について報告します。

@日本電産コパル:携帯電話内臓のデジカメのシャッターを世界中の携帯電話メーカーに納入し、この分野で世界No.1のシェアを誇る会社です。現在は日本電産グループ(日本電産社長永守重信氏をトップに戴く)に属しています。28歳の若さで日本電産を創業した永守氏は、この難しい時代の企業経営はどうあるべきかという株主の問いに答えて「これまで、日本の企業は業界の談合的体質でトップ企業も下位の企業もそれなりの利益をあげ、存続できたが、経済のグローバル化が進んだ今日、それは許されない。当社も世界No.1シェアが確保できる製品を1つでも多く作ることを徹底的に追求する。そのためには、他社との摩擦を厭わず、場合によっては競争相手を倒してもグローバルな競争に勝つことを目指す」と述べられました。紋切り型の話しをする経営者が多い日本には珍しく歯に絹を着せぬ率直な発言に強い感銘を受けました。

A東芝:日本を代表するハイテク企業だけあって総会も両国国技館で数千名の株主が出席して行われました。総会の議長を勤めた西田厚聡社長は、伝統ある大企業としては、海外の現地法人でキャリアをスタートした異色の経営者です。午前10時から約3時間にわたり、大勢の株主からの時には細かい技術面にわたり、時には東芝の過去の不祥事にまつわる厄介な質問を、説得力のある答えで快刀乱麻の如く捌いていく手腕に敬服しました。

規模の違いはあれ、両企業とも、トップの意思、人柄だけで動くわけではなく組織で動くのは事実ですが、同時に、トップに立って経営責任を取る個人の人格、識見も無視できない大きな要素だと確信します。(宮尾 記)

(幹事:宮尾賢 電話/FAX 03-5460-5125Email: miyaok@v00.itscom.net

 
ページTOPへ
●山登りを楽しむ会
秋の例会は<紅葉の尾瀬>です。
国内の世界自然遺産3カ所(屋久島、白神山地、知床)は、すべて訪問済みですので、皆様のご意向により、今秋の例会は、尾瀬に決定しました。1泊2日の山小屋泊りです。初夏の水芭蕉も綺麗ですが、尾瀬の紅葉は、雄大な北海道の黄葉に似て、吸い込まれそうな美しさがあります。現在の参加希望者は23人ですが、30人までは可能ですので、まだ申し込まれていない方は、幹事までお願いします。当日の予定は次の通り。

(1) 日時 10月4日(土)〜5日(日)。4日(土)午前7時50分、新宿駅西口・エルタワー前集合。貸切りバス乗車。
(2) 行程 <4日> 8時、新宿駅西口出発→8時40分、練馬IC→9時30分、上里SA(トイレタイム)→沼田IC→11時15分、戸倉(トイレタイム、村営バスに乗換え)→12時、鳩待峠着(標高1591m、バス下車、昼食)→(木道歩行下り60分)→14時、山の鼻→(木道歩行平坦50分)→15時10分、牛首→(木道歩行平坦50分)→ヨッピ吊橋→16時30分、東電小屋(泊)
    <5日> 5時、東電小屋出発→(歩30分)→元湯山荘→(45分)→三条の滝(弁当で朝食)→(1時間)→元湯山荘→(30分)→見晴→(2時間)→沼尻→(1時間)→尾瀬沼畔→(15分)→尾瀬沼山荘(三平下、昼食)→(20分)→三平峠→(50分)→一の瀬→(50分)→大清水(15時45分、バス乗車)→花咲の瀬(入浴)→沼田IC→上里SA→練馬IC→20時45分、新宿駅西口着。{三条の滝に行かない方は、東電小屋で朝食。7時50分に出発し、歩行40分の見晴で、8時30分頃、先発組と合流}
       
※参加希望の方には、改めて詳しいスケジュールをメールします。

幹事・木村勝規  電話090-2455-1792
 
ページTOPへ
●幕山(まくやま)・南郷山ハイキングに参加して
遠藤 斌

早朝に習志野の我が家を出たときのそぼ降る雨も東海道線に揺られているうちに漸く上がったころ、湯河原に到着。東京からおよそ100km、背後を箱根と伊豆の山々に囲まれ、南東は相模灘に面している神奈川県西南端の町だ。降り立ったJR湯河原駅前に立派な武者跪(ひざまず)いてそれを見上げる女性の銅像。約830年の昔、平家打倒の兵を挙げた源頼朝を援けたこの地の豪族土肥次郎実平とその夫人だ。

幕山山頂の大島桜が満開の樹の下で記念写真。
やっぱり来てよかった!

男性14名、女性10名、合わせて24名の参加者が三々五々集合してくる。大所帯なのに、遅刻する者など誰一人いない。これもチャンプ山の会の良き伝統と、感心する。駅前からバスで登山口のある幕山公園(別名、湯河原梅林公園)まで行くのだが、普段は小型バスしか運行していないため、24名が揃って乗車できる大き目のバスを、運行会社の箱根登山バスに掛け合って特別に配車してもらったとのこと。毎度のことながら、幹事さんの尽力に頭が下がる。一行のバスはほどなく終点「幕山公園」に到着。一同身支度を整え思い思いにストレッチなどしていると、木村隊長の「ここで全員洩れなくトイレに行くように!」との号令。小生、その気は余りなかったが、リーダーの指示は絶対なので、「まぁ、形だけでも」…と付き合う。隊長から先導、味噌汁用飲料水運搬殿(しんがり)の各役割発表があって、いよいよ出発だ。小生、殿の大役をいただいた。というのも、英語の会の高橋代表曰く、「遠藤さん、それこそホントのジ・エンド(The End)よ」。一巻の終り(The End)とならないよう気をつけて行きましょう!と軽口をたたきながらの山行である。こんなばか話が平気でできる仲間に恵まれ、ほんとに嬉しい。

幕山公園から砕石を敷き詰めた登山道に入ると、辺りは一面の梅林。その数4000本とも。花の見頃の1月末から3月を過ぎて久しいだけあって、どの木にも直径1センチくらいのかわいらしい実がそこかしこになっている。かわいらしいといえば、行く途の両側の林から絶え間なく聞こえる小鳥のさえずり…。♪チィ、チィ、チィ、チィー♪チィ、チィ、チィ、チィーと群れを成して一生懸命鳴いている。湯河原町の鳥、メジロである。甘いものが大好きで、みかんなども好物だとか。気がつけば、みかん畑には熟れたみかんがたわわに実っている。メジロに負けまいと、鶯が遠くから美声を聞かせてくれる。夏も近づくと、さすがに上手に鳴けるようになっていて、メロディーをとちるやつは一羽もいないようだ。暫く行くと、ご婦人方が立ち止まってワァーッと盛り上がっている。何事かと覗き込むと、自生している「木の芽」を一抱えも摘んで大事そうにポリ袋に詰めて、何事か講釈している。家に持ち帰ってする料理の方法を伝授しているのだという。あたり一面、すがすがしい山椒の良い香りが漂っている。しかし、あんなに摘んでしまって良いものなのかなとフト思ってしまう。採っていたのはチャンプのメンバーでなく、他のハイカーだった。わがチャンプ人はマナーをよく守って感心、感心。やっぱり成熟人だ。少し誇らしくさえ思えた。

くねくねと蛇行する急峻な山道をゆっくり踏みしめながら、ふと下界に視線を転ずると、遥か遠くに模型のような東海道新幹線がすべるように走っている。そのまた向こうには相模湾の大海原がひねもすのたりのたり…。

正午近く、幕山山頂に到着。標高625m、24名中全員が揃って登頂!めでたし、めでたし。思い思いの場所に陣取り、ランチタイムだ。幹事さんが用意してくださった、恒例の味噌汁が実に美味だ。惜しむらくは、折り悪しく沸いてきた雲に視界がさえぎられて、眺望が全くきかなかったこと。天気の良い日には、遠く東に房総、西に伊豆半島、さらに午後”アタック”する南郷山など360度の大展望が得られるはずだ。ま、雨が上がったことだけでも感謝しよう。

午後一時前、幕山山頂を出発、南郷山に向かう。じきにうっそうとしたヒノキ林が右手に現れる。間伐材が登山道の傍らに転がっていて、ヒノキの香りが心地よい。メジロや鶯の合唱が心をなごませ、ヒンヤリした自然の空気がうまい。白銀林道を横切るとすぐに自鑑水に出た。一年中水がかれることのないという、百坪ほどの楕円形の水溜りだ。源頼朝が平家の大庭景親軍との石橋山の戦に敗れ、水面に映る自分のあわれな姿を見て、自害しようとしたのを、土肥実平に引き止められたと伝えられている。自害水ともいうそうだ。白銀林道に戻って間もなく左手に「南郷山へ500m」の道標が、こちらを向いて「こっち、こっち」と手招きしている。しかし、われわれはそこを通過! あれっと、いぶかっていると、その先のわき道を左に入って急峻な、岩ごつごつの山道を這うようにしてたどること20分、海抜610mの南郷山山頂に到着した。ついにやった。一日にして、二つのピークを征服!! チャンプ山の会としては、おそらく初の”快挙”ではなかろうか!? 小休止の後、同じ道を引返してまた白銀林道に戻った。幹事の話では、下見のときは、最初の道を通ったが、極端な急傾斜なので、コースを変えたとのこと。全員の無事を願う幹事さんの配慮に心打たれる。湯河原カントリークラブのゴルフコース沿いにどんどん下る。天気の良い日には大島、初島、真鶴半島が眼下に展望できるという。簡易舗装の滑りやすい急坂を用心しながら下って、五郎神社に安着。大庭三郎景親の祖先鎌倉権五郎景政が祭られているという。

笑いの止まらぬひざを抱えて待つことしばし。迎えのマイクロバスに揺られて、地元の温泉施設「ゆとり嵯峨沢の湯」に到着。アルカリ温泉で美肌効果があるという。さすがに日曜日だけに、次から次に押し寄せるハイカーたちでごったがえしている。それでも、のんびり汗を流した後、渇いたのどを潤す冷え冷えの生ビールがうまい。鄙には稀な美人が客席と料理場の間をかいがいしく飛び回っている。胸には「白井」の名札が。バイトの高校生と見受けられるが、てきぱきと気持ちのいい客さばきも堂に入ったもの。看板娘なのだろう、われわれもつい白井さん、白井さんと呼び止めては自然とアルコールや料理を注文してしまう。山の会木村代表から今秋は、10月4日(土)〜5日(日)の1泊2日で紅葉の尾瀬に行くことが発表され、散会となった。幹事さんお世話様でした。参加のみなさん、お疲れ様でした。秋にはまた元気な顔で再会しましょう。

ページTOPへ
 

CHAMP例会のお知らせ

第30回CHAMP例会のお知らせ
●日 時: 2008年9月27日(土) 12:00〜15:00 (昼食後、例会議事を行います)
●会 場: 中国料理 「新橋亭」新館
東京都港区新橋2-4-2
TEL 03-3580-2211 / FAX 03-3580-2002
●プログラム: ・アメリカよもやま話 山本代表
・英語を共に学ぶ会100回を顧みて 同会有志
・各活動グループ 近況報告
・その他の議題
●会  費: ¥ 3,000 (当日会場受付で申し受けます)
●交通案内: JR、地下鉄銀座線、都営浅草線「新橋駅」より
虎ノ門方向へ向かい徒歩約5分
●出欠連絡: 9月20日(土)迄にFAX又は郵送にて返信下さい
●ご注意: 開催直前に出欠の変更をなさる方は、必ず前日までに安斎さん宛ご連絡下さい。
●連絡先: 安斎洋一(CHAMP運営委員長)
自 宅: Tel:03-3483-2850
携帯電話: 090-4819-2599
Email: anzai@oak.ocn.ne.jp
●送り先: 〒252-0804 藤沢市湘南台2-12-1 らうらうじ湘南台 1208号
(FAX 0466-42-0024)
CHAMP 本部

関西支部10月度例会
●日 時: 2008年10月 2日(木)18:00〜21:00
●会 場: 「西玉水」(鯨料理)
大阪市中央区島之内2丁目17-24
Tel 06-6211-6847
場所の詳細は追って連絡申し上げます。
●議 題: ・アメリカよもやま話 山本代表
・出席者近況報告 
・その他の議題
●会  費: ¥12,000(予定)
●出欠連絡: 9月20日までにFAX又はMailにてご連絡下さい。
●幹事: 稲上 義之
Tel&Fax :0798-65-9228
Mobile :090-1718-8262
Email :yoshingm@yahoo.co.jp

ページTOPへ

編集後記

過日、温泉同好会の10名で訪れた宮城県鳴子温泉は幸いに先日の宮城岩手内陸地震の被害も免れ、山に囲まれて湯煙をあげる静かな温泉でした。都会の喧騒を離れて、ゆったりとした時間を楽しみました。
本号がお手許に届く頃は、夏本番の季節を迎えていると拝察します。暑さに負けず、日本の夏をお楽しみください。

(宮尾 賢、古川 春生、川崎 正蔵)

ページTOPへ