目  次
山本代表のメッセージ
CHAMP忘年会報告
関西支部忘年会報告
各グループの活動報告
英語を共に学ぶ会 温泉同好会
海外を見てみる会 関西支部スケッチ散策の会
健康と栄養を学ぶ会 ・コーラスを楽しむ会
・水彩画教室 ・男子厨房に入るの会
投資クラブ ・山登りを楽しむ会
わたらせ渓谷紀行
第3回CHAMP懇親ゴルフのご案内
CHAMP例会のお知らせ
CHAMP 2011年度 会費払い込みについて
編集後記

2010年12月4日(土)CHAMPの忘年会が湘南台チャンプハウスで初めて開催された。
普段は広く感ずるクラブ・ラウンジも、この日は58名の出席者の熱気に溢れた。コーラス・
グループの歌声に陶酔し、ビンゴ・ゲームでは当たった人も、当たらなかった人も大満足。


 山本代表のメッセージ
Dear CHAMP Members and Members to be:

皆さん、新年明けましておめでとうございます! 喜怒哀楽、様々な思いを味わいながらまた1年が過ぎましたね。2011年は卯年、いただいた年賀状のウサギさんがとても軽やかで楽しいそうなので、今年はいいことがあるゾー、という気になり、関西会員の奥様からいただいたご自作絵葉書「ぴょんぴょんと福が来た」には心が弾みました。世の中まさに景気の良くない話が一杯ですが、卯年にちなみ、健康に留意して元気に跳ねましょう!

昨年のチャンプニュースレター1月号では当時話題になっていた“Accountability説明の責任・義務”について書きました。説明不足が生む国家レベルはもとより個人の生活における誤解が、古今東西を問わず未だに存在するからです。

そういう意味からも、現代のコミュニケーション・テクノロジーは恐ろしい位の進歩を遂げていますね。皆さんはFacebookというインターネット上の社交ネットワークをご存知でしょう?きっと既に登録して使用されている方もいらっしゃることでしょう。ハーバード大学の学生が2004年2月に立ち上げたネットワークですが、2年で実に5,000万人のユーザーを得て、2011年1月現在、6億人が登録(13歳以上なら誰でも可能)しているそうです。もともとはハーバード大学内の生徒間の社交コミュニケーションネットワークとして始まったものが、ボストン周辺の他大学やカリフォルニアのスタンフォード大学にも拡大し、あっと言う間に何千万人、遂に6億人が情報を交わし合うサイトになったのです(ちなみにTwitterは2006年3月に発足、現在1.9億人のユーザーを持つとのことです)。

これって一瞬すごいと思うと同時に、なにやら肌寒い気もします。勿論登録して夫々が承認し合った相手にしか情報は流れないことになっていますが、クリック一つで自分のプライベートな情報がヘタすると何億の人に見られる可能性すらある訳です。但し、6億人の目に触れるという伝達力を活用して、行方不明の子供探しにも最近役立っています。Facebookは21世紀初期のおとし子的な存在と言えましょう。説明不足どころか、説明し過ぎの弊害も出てくるでしょう。説明の責任と義務が求められる事があれば、やはり何時、何処で、誰に「どうやって」話すか、をわきまえることが必要でしょうね。ここまで書くと、昔の諺“見ざる、言わざる、聞かざる”を思い出しますが、東洋的な「沈黙」ではなく、良識ある判断が出来るように自分を磨くことでしょうか。ちなみに英語では“Three wise monkeys賢い三猿”と呼ばれていますから、賢さこそ成熟人に求められるかな!! 今話題の映画、「Social Network」はこのFacebookの物語です。

新年最初のチャンプ例会はまず関西で2月24日(木)に灘の酒造会社「白鷹」旧工場を改装した禄水苑にある東京竹葉亭西宮店で開催されます(幹事・稲上義之さん)。関東本部では、2月26日(土)に初めて湘南台チャンプハウスのクラブラウンジで例会を開きます。例会前には同じ敷地内の隣ビル  3階にあるビストロ・シャカラでの昼食会です(幹事・安斉運営委員長)。11,12ページのご案内をご覧の上、お申込みお願いいたします。

本号には素敵なご案内状を同封してあります。昨年来、関西・関東チャンプ会員皆様と計画中の合同会を4月12日(火)〜14日(木)に有馬温泉(有馬六彩ハーヴェストクラブ)で開催することになりました。幹事 前田 潤さんのご尽力で素晴らしいプログラムが企画されています。関西・関東チャンプの交流を深めるため、多くの皆様の参加をお待ちしています。

Best wishes,
CHAMP代表 山本儀子
Noriko Yamamoto
ページTOPへ

2010CHAMP忘年会   2010年12月4日(土)17:00〜20:00
出席者全員、ビンゴに熱中する
これまでCHAMP忘年会は青山クラブ、新宿三井クラブなどで開催されてきたが、8月の納涼会に引き続き湘南台チャンプハウスのクラブ・ラウンジで忘年会を開催することが決まった。「クラブラウンジ活用委員会」の皆さんが中心となって手作りの忘年会の準備が入念に進められた。Newsletter No.48に「お知らせが」が掲載された直後から参加の申し込みが多数あり、これまでで最高の58名に達した。寒い時期なのでルーフデッキが使えず、屋内だけでこの人数で収容できるか、気を揉んだが、案ずるより生むが易しの譬えどおり、ラウンジ、和室、ダイニングエリアをフルに使って和気藹々の忘年会となった。

田中美香さん指導の下で進境著しいコーラスグループが耳に馴染んだ曲の数々を鮮やかなハーモニーで聴かせたくれた。折りよく、少し前に搬入されたピアノが大活躍。その後、当日のクライマックス、ビンゴゲームに移り、当選者には会員有志から提供された賞品が渡され、大いに盛り上がった。

歳末の楽しい一夕を実現するため、会場の設営や食材調達から実際の調理などに多大の頭脳、労力、時間を割いてご協力くださった皆さんに厚くお礼申し上げます。
(宮尾賢 記)

ページTOPへ
 
関西支部12月例会・忘年会 2010年12月3日(金)
本場ハワイで賞を得たフラダンス
年末の例会は、忘年会も兼ねて芦屋のリストランテ・ベリーニで開催されました。阪急芦屋川駅から数分、芦屋川に面したこのイタリアレストランは、洒落た洋館づくりと美味しい料理で、いつも多くの芦屋マダムたちで賑わっています。
出席者は11名。ステージつきの別館、ビラを借り切っての華やかな会となりました。
山本代表のアメリカ四方山話は、アメリカ
市民が神に対してどういった認識を持っているかという、USA Todayのデータをもとにした興味あるお話でした。続いて私と芦屋キワニスクラブのメンバーの協力でクリスマスソングやエリッククラプトンのバラードを演奏。
最後は、11月のハワイ島の世界大会で準優勝を飾ったフラダンスをゲストの長田真知子・山本有美さんが披露、楽しい忘年会を締めくくっていただきました。

(長田伸一郎 記) 

ページTOPへ
 
 

各グループの活動報告(50音順)
●英語を共に学ぶ会
第122回 10月23日(土) 10:00 〜 12:00
  場所:港区福祉会館A室 出席者:11名 レポーター:宮尾 賢さん
  テーマ:Ted William’s Last Homerun

  テッド ウィリアムズ(本名:Theodore Samuel Williams, 1918生 〜 2002没)は野球界にあってアメリカ大リーグの打撃の神様と云われた往年の名選手で、メジャー・リーガーとして1939年デビュー、1960年引退までボストン・レッドソックスで活躍した。(第二次世界大戦及び朝鮮戦争の兵役期間を除く。)現役時代数々の大記録を残したが、中でも1941年に達成した年間打率0.406はいまだに破られていない。彼の人柄、エピソード、大記録達成の瞬間の息詰まる描写等を雑誌「ニューヨーカー」で10ページのエッセイにしたものを輪読しました。 特に打率4割6厘達成時の状況や、引退最終打席の劇的ホームランの詳細な描写を堪能しました。

第123回 12月4日(土) 15:00 〜 16:30
  場所:湘南台CHAMP本部アカデミー室  出席者:14名 レポーター:山田伸代さん
  テーマ:皆で出し合った英語取って置きの表現

   今回はメンバーから各自が出会った英語表現で、これはと思う印象に残ったものを一人2点以上持ち寄って山田さんがまとめることでスタートしました。ところが嬉しい悲鳴でほとんどの人が5〜6点、多い人は10点以上の人も数人いて、提出原稿のフォーマットを作ってくれた宮尾さんや、まとめ役の山田さんのご苦労により立派な資料ができました。CHAMP忘年会に合わせてこの資料に沿って寄稿者が解説しましたので時間切れで、残りは次回以降に回しました。

   また、今後の英語の会の運営について、CHAMP例会、納涼会、忘年会がCHAMP本部で実施される場合は、CHAMP施設運用促進のためにも、原則として英語の会も本部で実施しようと云うことで、とりあえず2月の例会は本部での全体例会の前に実施して参加人員や時間的無理がないか等検証して見ようということになりました。

(高橋嗣雄記)

連絡先: 高橋嗣雄 自宅 03-3605-6937 mail: Taka-tsu@adachi.ne.jp
  中村 敏 自宅 04-7185-0138 mail: sanakam628@yahoo.co.jp
ページTOPへ
 
●温泉同好会 2011年予定について

2010年10月の伊豆大島の旅は23名ものご参加を頂き天気にも恵まれ楽しい2日間を過ごすことが出来ました。
2011年については、まだ具体的な計画は立てておりませんが、出来れば本来の温泉同好会らしい日本の秘湯を訪ねる旅や風情のある日本の温泉街を訪ねる企画をしたいと考えております。皆さんの中で是非行って見たい候補地がございましたらご紹介下さい。時期については山登りの会の予定などを考慮しつつ実施したいと思います。

(佐藤三鈴 記)

幹事: 佐藤三鈴 03-3306-1669 Email: misuzu4u@jcom.home.ne.jp
  川崎正蔵 Tel: 044-954-0382 Email:kawasho1@mvf.biglobe.ne.jp
 
海外を見てみる会

山本代表から、先日「今までの“海外視察の会”という名称を“海外を見てみる会”にしたらどうでしょう」という提案があり、わたしも賛成しました。新年度この度からこの名称を使わせて頂きますが、わたしなりにその変更理由をちょっと書いてみます。

「海外視察」っていうと、ちょっと古いですが、時間がとれた地方議員さん等がぞろぞろと数を頼んで、無責任に海外の施設などを見て歩く、或る時は、日本を離れた安ど感で、とても普段行けないような処へ足を踏み入れた等と囁かれると新聞に載ったりした。地方議員さんにも、ほんとに真面目な人が多いのに、言葉って本当に意地悪で、或る時は手垢にまみれた運命をたどらざるを得ないこともあるみたい。言葉ってほんとうに可哀想ね。こんな品悪い私でなくても、“海外視察の会”はちょっと偉そうに聞えるんじゃないかしら?

それでダンナに「ちょっと海外視察に行ってきます。」と言えば「はあー、恐れ入ります。いつお帰りでしょうか」になるかもしれないけどーこの駄文を書いて今分かったのだけど、わたしが、かって名付親になった9人の女声合唱団“ほ・ほ・ほ・“は、「ほ」に意味の付けようがなくて、すなわちケチのつけようがなくて、実力以上に愛されてお陰で会がずいぶん得をした。「ほ・ほ・ほの会やるよ」といえば「あーほ・ほ・ほ」とわらっちゃうのである。

さてさて、2011年の「海外を見てみるかーい」のご紹介を致します

「ヨーロッパ4都市巡り」と称して@コペンハーゲン,Aシチリア島、Bテルメ・ヴァルスCアムステルダムを14日かけて巡ります。コペンハーゲンでは、集合住宅を見たり、シチリア島での草原のなかの遺跡散策、テルメ・ヴァルスは、遠い憧れの地、アムステルダムは、知的好奇心が揺さぶられる処、列車に乗ったり、美味しいものを食べたり旅行社とは一味違うのが、この会の会たるところ。1人あたりの旅行代金は、50万円前後というところです。

詳しい日程表や費用の明細は山本代表や、長部さん、立石などにお申しつけください。 
(立石祥子 記)

幹事: 山本儀子 Tel: 090-5753-4702 (日本国内のみ) Email:glinc@glinc.com
  長部由美子 Tel: 03-3466-2241 Email: osabe@onyx.dti.ne.jp
  立石祥子 Tel: 044-455-0653 Email: tateishi_ma@tempo.ocn.ne.jp
 
関西支部「スケッチ散策を楽しむ会」の近況報告と今年の抱負
関西支部の「スケッチ散策を楽しむ会」を発足して足掛け2年になります。その間多くの参加を目指してきましたが、何分関西支部では会員も少なく、その上現役で活躍の方が殆どですので多くの参加が望めない状況です。
それでも毎回3~4人の催行ですが充実した会になっていると自負しています。もちろんこの楽しさを多くの人に味わってもらいたいと思いますので今年は一人でも多くの人の参加を呼び掛けたいと思っています。

そのためにこの会の名を「スケッチを楽しむ会」でなく「スケッチ散策を楽しむ会」としたのです。絵の得意でない人も参加できるように散策に重きを置いた会です。

それ故、絵の得意でない人も絵を描きたくなるような散策コースを吟味しています。 心身のリフレッシュと楽しい交流、そしてちょっぴりスケッチをしてみるという算段です。外に出かける会ですのでスケッチに適さない暑い夏と寒い冬は避け、快適な春と秋に絞って関西の好適地を巡っています。

今までは京都や奈良方面を中心に歩いてきましたが今年は海の見える散策路を選んでみようと思います。加えて、昨年の秋に山本代表と東京から中村さん、畑さんの参加を得て奈良の斑鳩の里を歩きましたが、今年も続けて東京の方との更なる交流を図る企画を立てたいと思います。また是非CHAMPハウスで東京の「水彩画を楽しむ会」との合同展を開くこと夢見ています。
(辻嘉和 記)

幹事:辻嘉和 Tel: 0774-23-0181 Email: ytsuji395@iris.eonet.ne.jp
健康と栄養を学ぶ会
 人間は、「生老病死」の苦悩を避けて通ることはできません。しかし日常生活の中で常に健康に留意し、規則正しい生活を営むことにより、この苦悩を最小限に抑えることが出来るはずです。

  “そのためにはどのような生活態様を実行すればよいのか”という問いに、毎日摂取する食物にスポットを当て、「健康を保つためにはどのような栄養分を得たらよいのか」を学ぶのが当会の目的です。幸いチャンプの会員である原田博士(分子栄養学の研究者)は、この種の問題に長年取り組んできたという実績があり、それをもとに講師をつとめていただいております。

例会は毎月第4木曜日の18:00より1時間半、「日本ルーテル教会」1F会議室で行っています。健康に関心をお持ちの方ならどなたでも歓迎します。
(永井邦朋 記)

以下は、11月〜12月にやったことの要約です。

11月
世の中には超能力を振り回すような人たちがいます。たとえばかつてのユリ・ゲラー(スプーン曲げ)や麻原(空中浮揚)などです。彼らはあたかも何か特別なパワーを持っているかのように振る舞っていましたが、本当はどうなのでしょうか? 彼らにもし超人的な力が備わっているのなら、それを可能にしているのはどんなエネルギーなのが知りたくなります。ところがヒトとしてのDNAのどこを探しても、そのような特別なエネルギーを生み出せる遺伝情報はありません。我々が手にできるものはただ一つATPという細胞が作り出す化学エネルギーしかなく、そこに超常現象が入り込む余地は全くありません。

つまり現代の科学(分子生物学)はそのような超能力とは無縁だといえます。

12月
マーガリンやショートニングはパンやケーキ、スナック菓子などに混ぜられ、日々の食卓に上っています。これらは魚油や菜種油などから安価で手軽につくられるために、西ドイツあたりでは一時バターの代用品として食卓でもてはやされました。けれどもこれらの硬化油は後になってクローン病という難病との因果関係が疑われるようになったのです。つまり天然の脂肪酸(シス型)と違ってトランス型の脂肪酸を含んでいることがまずいのです。人体では高度不飽和脂肪酸から様々な局所ホルモンを作って生体のデリケートな制御をして恒常性を維持しているのに対して、トランス型のものはその働きを阻害します。これらの食品は老化を促進したり、口から肛門までの全消化管に炎症をもたらすこともあって、忌避すべきだというのが分子栄養学の立場です。

今後(2月〜3月)の予定について:
脳の出力(パワー)も生体のトータルとしての出力もすべて母親譲りであることや、高齢出産が不利なのもミトコンドリアの問題に帰することなど、また体質の違いはどうして生まれるのかとか、脳の出力を維持する栄養等々についても解説して参ります。 

健康と栄養を学ぶ会に参加ご希望の方は、幹事の永井さんまでご連絡願います。
(原田規義 記)

幹事:永井邦朋 Tel/Fax 03-3422-4122 Email: nagai-kunitomo@nifty.com
ページTOPへ
コーラスを楽しむ会
昨年の12月4日、湘南台チャンプハウス・クラブラウンジで開かれた初めてのチャンプ忘年会。

クリスマスも近くなり、コーラスを楽しむ会メンバーとしては日頃の練習の成果を参加皆さんに聴いていただけるよう、頑張りました。厳しくも優しい田中美香先生のご指導のもと、「サンタが街にやってくる」「聖者の行進」「Sing along」「Peace in Harmony」「きよしこの夜」など7曲を歌いました。忘年会参加の皆様もご一緒に、との古川さんの指揮のもと、楽しい全員合唱になりました。

チャンプ会員、山田信子さんのご友人本橋敬子さんからご提供いただきましたピアノのお蔭で全員大いに盛り上がり、楽しい忘年会になりました。

 
今年もまた月一回の「コーラスを楽しむ会」が新大久保ルーテル教会で開かれます。
チャンプ会員の皆様、ご一緒にコーラスを楽しみませんか?ご参加をお持ちしております。
(川崎 記)

連絡先:
古川 春生 E-mail:furukawa-h1816@ab.auone-net.jp Tel & Fax:03-3332-3789
上野田鶴子 E-mail:uyenot@jcom.home.ne.jp Tel:03-3334-9858 Fax:03-3334-9858
中林 由行 E-mail:nakayokki@y9.dion.ne.jp Tel:03-3490-0648 Fax:03-5436-6032

1/21今年初の練習で田中 美香先生から教会で毎年12/23(天皇誕生日)に教会主催のコンサートを開いているので参加してみては・・・とのお話があり、全員早速飛びつきました。今年の大きな目標が出来、一同大張り切りで頑張る事を誓いました。
(古川 記)
 
水彩画教室
今年も充実した教室になるよう、皆で盛り上げて行きたいと思います。春になりましたら、戸外に出てスケッチすることを楽しみにしています。お教室は第4火曜日、10時半からです。(中村峯子)
もう2年4ヶ月も岩沢先生に教えて頂いているのに、不肖の生徒第一号である私は才能の無さを老眼のせいにして、「よく見えない」などと言い訳がましくつぶやいています。
対象を自分の感覚で自由に躍らせることができるようになる日が果たして来るのでしょうか!“来るわよ!”――誰かが言ってくれてます!
(増田美智子)

幹事:中村峯子 Tel/Fax 0467-31-8028 Email: and32353@nifty.ne

水彩画教室メンバーの近作をご覧に入れます。

 
 
男子厨房に入るの会
「男子厨房に入るの会」を以下のように開きます。チャンプ会員の皆様の参加をお待ちします。

第3回「男厨の会」
日時 : 2月5日(土) 17:00〜20:00
会場 : 湘南台チャンプハウス12階ラウンジ
会費 : 3,000円
メニュー: @前菜各種 A十津川牡丹鍋 B○○サラダ C博士の愛した
すいとん Dデザート&プロテインジュース
定員 : MAX15名

今回のメインは松村さんが十津川村から仕入れてくる新鮮なイノシシ肉と原田博士のお手製すいとん(ご自身は「スイトン風アツアツタコかいな〜」といってます)です。プロテインジュースも原田博士お手製です。その効果については当日ご本人からお聞きください。食材等の準備がありますので参加希望に方は1月末までにお申し込みください。
(代表幹事)
松村正道   Tel: 042-636-6824   Email: cyt01341@nifty.com
中林由行   Tel.Fax 042-719-5494 携帯: 090-4410-4389   Email nakayokki@y9.dion.ne.jp 

CHAMP投資クラブ

株式投資の世界は「格言」や「諺」が数多くあります。今年の干支にちなんだ「卯年は跳ねる」も典型的な相場の格言の一つです。事実、過去3回の卯年の相場の実績は、年間を通じて2勝1敗(値上がり2回、値下がり1回)という記録が残っているそうですから、裏付けのある説と言えます。

さて、2011年卯年の相場の上昇が期待される要因は
@アメリカ、日本の中央銀行が昨年からの超金融緩和政策を継続して実施している、
A新興国(中国、インド、ブラジル、ASEANなど)が引き続き成長が期待され、日本企業の国際競争力が発揮される、
B日本の株式の割安感が外国投資家に認められ、積極的な買いが入ると期待される、などです。

我われ投資クラブの手持ち銘柄も昨年末から、所定の利益率に達して売却したものがいくつか出ています。しばらく低迷していた日本の株式市場も今年は何とか“跳ねて”欲しいと、メンバー全員が強い期待をもって、市場の動きを見守る毎日です。

(宮尾 記)

幹事:宮尾 賢  Tel&Fax: 03-5460-5125 Email: miyaok@v00.itscom.net

 
山登りを楽しむ会
皆様、新年おめでとうございます。CHAMP山の会も発足以来21回を数えました。今回、過去の実績をまとめてみましたのでご覧ください(別表参照)。第一回目の高尾山には7人で登ったのが最初でしたが、直近の「わたらせ渓谷」には30人でした。年々参加者が増えているのは、CHAMP会員の皆様の健康と自然指向がますます高まっていることの証左ではないでしょうか。また、世界自然遺産への遠征には、山の会々員以外の方々も多数参加され、大部隊となっております。

  今年も、春の例会、遠征、秋の例会、が考えられますが、遠征には東北新幹線が開通した青森県・八甲田連峰の声があがっております。

  CHAMP山の会の皆様も、毎年確実に加齢を重ねておられますので、これからの山行は、“登山”というより、“ハイキング”か“ウオーキング”に近い内容にしたいと考えています。また、人数が増えておりますので、幹事も複数にし、幹事団を結成したいと思います。お手伝いいただける方は、どうか幹事までご連絡ください。

(木村 記)

 

CHAMP 山の会これまでの実績

2010.12. 4.

行 先

都道県

最 寄 駅

日 付

人数 数

1

高尾山

東京都

京王線・高尾山口駅

02.3.22

7

2

大山

神奈川県

小田急線・秦野駅 バス

02.11.24

7

3

子の権現

埼玉県

西武線・吾野駅

03.5.18

7

4

西沢渓谷

山梨県

JR中央線・塩山駅 バス

03.9.28

11

5

日の出山

埼玉県

JR青梅線・御岳駅 バス

04.5.9

17

6

三頭山

東京都

JR五日市線・武蔵五日市駅 バス

04.11.21

13

7

高水三山(幹事・森田)

埼玉県

JR青梅線・軍畑駅

05.4.2

25

8

屋久島(宮之浦岳)

鹿児島県

屋久島空港 バス

05.5.12〜15

30

9

大菩薩嶺

山梨県

JR中央線・塩山駅 タクシー

05.11.3

15

10

宝登山

埼玉県

秩父鉄道・長瀞駅

06.4.23

20

11

白神山地

青森県

青森空港 バス

06.6.23〜25

29

12

三峰山

埼玉県

西武線・秩父駅 バス

06.11.3

25

13

高取山(東丹沢)

神奈川県

小田急線・本厚木駅 バス

07.4.22

24

14

知床半島(羅臼岳)

北海道

女満別空港 バス

07.7.6〜9

33

雨で中止

奥多摩むかし道

東京都

JR奥多摩駅

07.11.11

15

幕山、南郷山

神奈川県

JR東海道線・湯河原駅 バス

08.4.27

24

16

尾瀬

群馬県

新宿駅西口 バス

08.10.4〜5

25

17

美の山

埼玉県

秩父鉄道・親鼻駅

09.4.26

25

18

谷川岳(ガスと雨)

群馬県

上越新幹線・上毛高原駅タクシー

09.9.2

15

19

金時山

神奈川県

新宿駅西口 バス

09.11.8

32

20

熊野古道

奈良県

近鉄・橿原神宮駅 バス

10.4.24〜26

45

21

わたらせ渓谷

群馬県

わたらせ渓谷鉄道・神戸駅

10.11.3

30

幹事・木村勝規 Tel: 047-353-7166 Email: katsu.kimura@asahi.eemail.ne.jp

※ 昨春の「熊野古道」行での会費が32,955円残っております。
参加者全員(45人)にお返しするのが筋ですが、手数もかかりますので、15,000円をCHAMP本部に寄贈し、残金を今後の山の会の運営資金にしたいと思います。
ご了承ください。

 
 
わたらせ渓谷紀行
●わたらせ渓谷 紅葉と温泉の旅     木下義雄さん

日程は平成22年11月3日(文化の日)、浅草から東武伊勢崎線特急に乗って相老(あいおい)駅からわたらせ渓谷鉄道に乗り換え、神戸(ごうど)駅下車、駅構内の「列車レストラン」で昼食、草木ダムでの雄大な景色、富広美術館で感動し、水沼駅構内にある「温泉センターで入浴と夕食」では、食べきれない量のうどんと山菜てんぷらとお酒、帰りは、ほろ酔い気分で、特急に乗って浅草に21時着。バラエティなメニューで最高のコースでた。

 
レトロな電車でわたらせ渓谷へ
抜けるような秋晴れの下、草木湖畔に全員集合

自宅の入間市を出発して帰りまでの距離万歩計で24,129歩を表示していました。1歩80センチとして、19キロメートルを歩いたことになります。ゴルフコースにして3ラウンドに匹敵します。

参加者は30名、男女比約半々、平均年齢67歳、最高年齢者は永井さんの77歳?とは思えない元気な一行でした。さすが、山のクラブ健脚そろい。

会員で一番元気でなかったのが、男性メンバ内では若造に部類する私(62歳)かも知れません。台風明けの好天にも恵まれ、良い仲間に恵まれ、幹事の方々、特に木村さんの細かいご配慮には感謝いたします。次回もぜひ参加したいものです。




●11月3日 山の会「わたらせ渓谷(群馬県)」は楽しいウォーキングツアーでした
鈴木美代子さん

◆私は浅草からの乗車。東武線改札口には幹事木村さんが切符を片手に。
出発時からお世話になりました。

◆相老(あいおい)駅下車。いよいよわたらせ渓谷鉄道に乗り換え。とわくわく。なんと電車はあのMeiji板チョコ色の車両。行楽シーズンで思いがけずラッシュ経験。でも、窓からの渓谷はゆったりとした川の流れと紅葉のはじまりで目が輝く。

美術館からの湖畔の眺め
◆神戸(ごうど)駅着。構内の列車レストランで「やまと豚弁当」この列車も古のグリーン車とか。スタミナ弁当を食べ、元気にいざ歩き!草木湖に沿って富弘美術館をめざして。いつもの山歩きと違いアスファルトの道をのんびり。気持ちよくほほにあたる秋風!完璧な秋晴れでした。草木ダム展望台で集合写真も。シャッーターをお願いした人が良かった。慣れていましたシャッターチャンス。出来上がりはいかが?富弘美術館は開館20周年を迎えて人気。詩画作品は人間性があふれ生きる

勇気の中やさしさも伝わりますね。また、訪れたい美術館&作品です。

◆水沼駅は駅中温泉。露天風呂のぬるめで身体を温め、ルンルンで食堂へ。冷めてもおいしかった野菜天ぷらとでてきた名物上州うどんのてんこもりにはあんぐり!食べても食べてもうどんの山が低くならない。幹事交渉で持ち帰りOK!うれしいお土産品でした。

◆まだ、ひとつありました。相老駅での乗り継ぎ時間30分あり。駅のベンチでの待ちかなと思っていましたら川崎さんが「30人 はいれるよ!」と迎えに来てくださり全員暖かい駅前喫茶店に。コーヒーは@368。

この端数??カップも間に合わず様々でしたがおいしかった。ほんのり暖かくなり東武特急で浅草へ。団体ですから車中も楽しい。多趣味の皆様の会話は限りなくつきない。

勿論ちょっとお眠りの方も。幹事の木村様は集金で大忙し。最後まで30人のとりまとめ 本当にありがとうございました。おかげさまで毎回楽しい山の会です。
ページTOPへ
 
 
第3回CHAMP 懇親ゴルフのご案内
新年を迎えて会員の皆様にはお元気にご活躍のことと拝察致します。

本年第1回の懇親ゴルフを下記の通り計画しています。昨年参加いただいた方、あるいは都合が悪くて参加できなかった方も是非ご参加下さい。

又、会員の中には昔取った杵柄の方も多くおられるようです。この機会に思い切ってもう一度クラブを握って見ませんか。山本代表も参加される予定です。


日 時 平成23年4月6日(水)特別サービスデイの日
スタート 10:06  IN コース
コース 昭和の森ゴルフコース
  〒196-0012 東京都昭島市つつじが丘1−1−7                
Tel. 042-543−1271    http://www.smgc.co.jp
集合時間 9:30(クラブハウス)
プレー費用 12,000円(セルフカート) 昼食付き
参加費 3,500円(パーティ、賞品)

(参加申し込み先)                           
●世 話 人 :安斎洋一 Tel 03-3483-2850  anzai@oak.ocn.ne.jp
:森田宏次 Tel 042-551-5418 morita-h@t-net.ne.jp

3月20日(日)までに、どちらかの世話人にお申込願います。

 
ページTOPへ

CHAMP例会のお知らせ

第40回CHAMP例会のお知らせ
●日 時: 2011年2月26日(土)   12:00〜13:30
●会 場: 昼食 ビストロ・シャカラ(下の案内図ご参照下さい)
(昼食終了後、隣接する湘南台チャンプハウスへ移動)

13:30〜15:30 例会  湘南台チャンプハウス・クラブラウンジ
藤沢市湘南台2-12-1 らうらうじ湘南台12階
Tel:0466-42-0023 FAX:0466-42-0024
●交通案内: 小田急江ノ島線、相鉄線、横浜市営地下鉄「湘南台駅」下車 徒歩3分
●プログラム:  「アメリカよもやま話」 山本代表
会員スピーチ 「アフリカちょっとひとかじり」 野村一郎さん
●会  費: ¥3,000(当日、会場受付で申し受けます)
●出欠連絡: 2月19日(土)までにFAX又はMailにてご連絡下さい。
●ご注意: 開催直前に出欠の変更は,必ず前日までに増田さん宛ご連絡下さい。
連絡なしで欠席された方は会費を申し受けます。
Tel:0466-42-0023 または 携帯090-4372-7752
●送り先: 〒252-0804 藤沢市湘南台2-12-1
らうらうじ湘南台 1208号 CHAMP本部

Tel:0466-42-0023
FAX: 0466-42-0024
Email: info@champhouse-universal.com

ビストロ・シャカラ案内図(L棟・・スタジオ棟にあります)
ビストロ・シャカラへの経路
・小田急電鉄:
  江ノ島線で「湘南台」駅下車
  地下改札を出て左へ
  西口 D出口階段を上がって左方向
  らうらうじ湘南台ビルに沿って右折
  建物(らうらうじ湘南台とL棟繋がっ
  いる)端の木製階段を上がって入口に
  入るとエレベーター。
  3階が「ビストロ・シャカラ」
・JR東海道線・横須賀線「戸塚」駅か乗換で横浜市営地下鉄「湘南台」駅
  下車、以後は上と同じ。
・チャンプハウスへは、上記右折せず直進、建物端を右折し 「らうらうじ湘南台」玄関へ。
呼び出しコールNo.「1208」(事務局)又は「1209」(クラブラウンジ)を押してください。
  エレベーターは12階下車です。


ビストロ・シャカラのご紹介
今回、初めてCHAMP例会を湘南台チャンプハウスで開催するに当たり、隣接する 「らうらうじ湘南台」低層棟3階にあるビストロ・シャカラで昼食を摂ります。このお店のシェフは海沼健(カイヌマ・ケン)さんと言い、本場でフランス料理の修業をした方です。

簡単に経歴を記すと:
1999年 オテル・ド・ミクニ入社
2002年 フランスのリヨンで研修
2004年 ポール・ボキューズ氏のレストランにて研修
2005年 品川のフランス料理の店「CANVAS」料理長となる
2009年 ビストロ・シャカラ料理長となる

これまでにCHAMPの活動グループやNewsletter編集者などがこのビストロで食事をして好評を得ています。海沼シェフが本場仕込の腕を振るう料理をお楽しみください。
(写真が海沼健さん)

CHAMP関西支部2月例会のお知らせ
●日 時: 2011年2月24日(木)18:00より
●会 場: 東京竹葉亭 西宮店 〒662-0926 西宮市鞍掛町5-1 白鷹禄水苑 内
電話 0798-37-3939
会場は灘の酒造会社「白鷹」の旧工場を改装した禄水苑の中にあります。禄水苑には白鷹南辰馬家の家具調度、酒造りの道具などが展示され、見学できます。極上日本酒ショットバーもあります。
禄水苑見学を希望される方は17:00〜(幹事は17:00から現地に行きます)
禄水苑HP:
www.hakutaka-shop.jp
竹HP:
www.chikuyoutei.com/chikuyoutei_nishinomiya.htm
●交通: 阪神電車 西宮駅下車(特急停車)南へ徒歩7分
●プログラム:

アメリカよもやま話 山本代表
その他

●会  費: ¥9,000 (当日、会場にて申し受けます)
●出欠連絡: 2月10日(木)までにFAXまたはメールにて返信願います。
●ご注意: 開催直前に出欠の変更をなさる方は、
必ず前日までに稻上(幹事)宛ご連絡下さい。
0798-65-9228または携帯090-1718-8262
●送り先: 稻上義之
FAX:0798-65-9228
Email: yoshingm@yahoo.co.jp

ページTOPへ

 

●CHAMP 2011年度会費払い込みについて
これまで会費の払い込みは郵便振替でお願いしておりましたが、会員の皆さまの便宜を図るため、本年度より郵便振替に加えて、下記の3つの銀行からもお振込みいただけるよう口座を開設いたしました。年会費は正会員¥6,000、準会員¥2,000で

従来と同じです。但し、前年までの会費が未納の方は、恐縮ですが本年分と併せてお払い込みをお願いいたします。

(同封の郵便振替用紙にて金額をご確認ください)
銀行口座の明細
○三井住友銀行 湘南台支店 店番号932 口座番号0158034
○三菱東京UFJ銀行 湘南台支店 店番号509 口座番号0126512
○みずほ銀行 湘南台支店  店番号281 口座番号1101381

口座名義:チャンプ  住所:〒252-0804 藤沢市湘南台2-12-1-1208
預金種別:いずれの銀行も普通預金。
会費払込は2月末日までにお願い申し上げます。
 
編集後記

年末からの寒波の襲来で北海道や日本海沿岸は大雪に見舞われる年明けとなりましたが、会員の皆さまはお正月をいかがお過ごしになったでしょうか。
1980年代のバブルが崩壊して以来、日本経済は残念ながら長い低迷からまだ脱しきれていません。政治や経済の現状を嘆く議論がメディアや我われの日常会話にも溢れています。年末、古い英国の友人から届いた挨拶の結びに、”We all live in difficult times and must make the best of it.”とありました。
どんな困難な時期でも、ベストを尽くそう、との意味でしょう。ポジティブな志向で難しい時代を生き抜きたい、と改めて感じた新年でした。“チャンプでジャンプ”を今年の目標にしたいと思います。

(宮尾賢、古川春生、川崎正蔵)

ページTOPへ